菜の花保育園ロゴマーク

Email

  
 

4月のアルバム 5月のアルバム 6月のアルバム 7月のアルバム 9月のアルバム 1月のアルバム 10月のアルバム 11月のアルバム 2月のアルバム 8月のアルバム 12月のアルバム 3月のアルバム

苦情申し出窓口の設置について
 菜の花保育園では、社会福祉法第82条の趣旨に基づき、利用者等・その家族や代理人からの苦情に適切に対応する体制を整えています。苦情ということでなくても、普段菜の花保育園をご利用しての感想、ご意見、ご要望等何でも結構です、気づいたことを遠慮なく申し出てください。
 申し出は担任保育士、主任保育士(苦情受付担当者)、及び下記第三者委員までお願い致します。



苦情解決の仕組み(手順)
利用者等への周知
施設内への掲示、お便りなどにより
苦情解決責任者の氏名
苦情受け付け担当者の氏名
第三者委員の氏名と連絡先
苦情解決の仕組みを周知する。
利用者より苦情を随時受け付け


苦情の内容
苦情申出人の希望・要望など
第三者委員への報告の要否
苦情申し出人と苦情解決責任者の話し合いへの第三者委員の助言・立ち会いの要否
(不要の場合には苦情申出人と苦情解決責任者との話し合いによる解決を図る)
苦情の記録
苦情受付から解決、改善までの経過について書面に記録する。
苦情申出人との話し合いによる解決
必要に応じて第三者の助言・立ち会い
話し合いにおいて第三者委員の立ち会いを要請することができる。
一定期間ごとに苦情結果について報告し、必要な助言を受ける。
苦情申出人に改善を約束した事項について一定期間経過後、苦情申出人と第三者委員に報告する。
第三者委員の話し合いによる話し合い
第三者委員による苦情内容の確認
第三者委員による解決案の調整、助言
話し合いの結果や改善事項などの書面での記録と確認
解決結果の公表
個人情報に関するものを除き「おたより」や毎月発行の「菜の花だより」などに実績を掲載し、報告する。

保育園で解決できない苦情は、社会福祉法人 山梨県社会福祉協議会に設置された山梨県運営適正化委員会に申し立てることができます。
山梨県運営適正化委員会
〒400-0005 山梨県甲府市北新1-2-12
TEL 055-254-1820
FAX 055-254-1821



平成28年度苦情について
年・月・日

       苦    情

       改   善
h28.
11/9
(1歳児Hさん母親)
外遊びの際、転んで頬をぶつけ色が変わってしまった。その3日後にも、また、同じように転んでぶつけてしまった。間違えば目で合った事もあるため、気を付けてみて欲しい

怪我については、申し訳なかった事を謝罪し、今後もう少し気を付けて距離を近く観ていく事を約束した。職員の立ち位置も再度見直した。

h28.
12/19

(3歳児Kさんの父親)
母親が外国人であることを差別的に保育者が見ているのではないか?という苦情であった。 朝の受け入れの際にN先生が受け入れをしていたが、既に朝のお集まりが始まっていたため、「荷物の整理は後にして」と伝えたところ、Kさんが混乱した様子で泣き出してしまった。それを日本語が分からないから、強く叱ったように思ったようで、母親が家に帰ってきてから泣いてしまったとの事。

担任に確認したところ、忙しい中だったので、早口になってしまったとのことで、決して差別ではなく、自分自身の焦る気持ちでお母さんにそのような気持ちにさせてしまった事をわびた。保護者も、今後気を付けてくれればよいということで、納得した。

h28.
12/20

(年長児Yくんの母親)
生活発表会が南部市民センターで行った件で、椅子に座っての観覧だったが、全体の発表の際は、舞台が全く見えず、声しか聞こえず残念だった。見に行った甲斐がない。

謝罪し、再度2月にミニ発表会を行い、全体発表の合奏を発表した。子ども達も2度目という事もあり、更に生き生きと発表しており、Yくんの母親も「ありがとうございました」と満足であった。

h28.
3/1
(年中児と1歳児の母親)
担任になられた経験はないけれど、いつも怒っている先生が目に入るので、いつか担任になられる日がくるとハラハラするなと思っています。私のような怒り方をしているので、目立ってしまっているのですが・・。

職員に周知し、再度子どもへの接し方について意見を出し合いました。伝えたいことは穏やかにゆっくりと、危険な行為に対しては、短めにしっかりと伝えるようにしようという話になりました。職員は皆自分の事ではないか?と考えながらそれぞれに意識化していこうと話をしました。

   

 



平成27年度苦情について
年・月・日

       苦    情

       改   善
H27.7 (年少保護者)
保育者の対応を統一してほしい。 子どもが一人の先生にべったり甘えて困る。 叱る時は叱る。褒める時は褒めるを統一してほしい。

統一はしているのですが、受け止めるということも必要です。自分の思いが受け止められているという事で子どもは人間信頼へと繋がり、自分が発揮できるようになります。
私達保育者は個々の子どもの様子を会議などで情報を共有し合い、同じように接しています。ご理解よろしくお願いします。

H27.7

(年少保護者)
担当保育士以外の時の着替えの対応に気を付けて欲しい。ズボン等裏表が逆になっている時が多い。

今後、A先生がいない時はB先生という担当を明確にして、保護者にお伝えするように致します。
また生活習慣については丁寧に見ていくように致します。

H27.7

(年長保護者)
お泊り保育の泊りに女性の先生を入れて欲しい。男性だけだと不安。

配慮不足で申し訳ありませんでした。
女性の保育士も共に宿泊するように致します。

H27.11 (年少保護者)
園長先生のたよりのスマホ撮影禁止について、大きな行事は、少しくらいなら良いと思うので、許可をお願いしたい。 また、行事時撮った我が子の写真を勝手にSNSなどに載せるのはやめてほしい。

全く禁止ではなく、少しくらいなら大丈夫です。モラルを守っていきましょう。
SNSへの他児の写真は許可なく投稿することは禁止致します。

H27.12 (年長保護者)
クリスマス会への保護者の自由参加の呼びかけをやめてほしい。仕事を持つ親は、子どもの為にお休みを取るのは厳しいです。
もしやるなら園のみで行ってください。 子どもが不憫になってしまうため、欠席するのも罪悪感です。

子どもの様子は、ことあるごとに見たいという他の保護者の要望もありますので、自由参加といたしました。
ご都合がつかない場合は、園で対応できますので大丈夫です。

今後検討して参ります。

 
 
 Copyright (C) 2012 nanohanahoikuen. All Rights Reserved